漫画 竹男と月子の月国郷愁

プロローグ
第一章「蚕の衣を纏った白うさぎ」
第二章「書物に宿るモノ」
第三章「待ち人」

第四章「消えない痛み」
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14
その15 その16 その17 その18 
その19 その20 その21 その22



9月8日漫画第四章その22

満月さんが危ない!
それを助けたのは白うさぎだった!
白うさぎは竹男に「糸をたどれ!」というけれど…。
なんと竹男の左腕から輝く糸が!

次回に続く!